ページの先頭へ戻る

やせて見える服を選ぶ際の注意点やせて見える服を選ぶ際の注意点

ボーダー(横縞)は根強い人気があって、流行を見えるような年もあるでしょう。

が、体の細さに自信がない人は手を出さないほうがいいでしょう。横の広がりが強調されてしまって、実際よりも太って見えます。

ストライプはこの逆ですね。おすすめです。島の太さは、どちらかというと、細か目のほうが細く見えるようです。が、これも程度と色使い次第といった面はあるようです。

使いこなしやすいのは細かいストライプの方でしょう。

また、色には膨張色と収縮色があります。赤、オレンジ、黄色といった暖色系が膨張色、黒、青、パープルといった寒色系が収縮色と考えていいでしょう。

もちろん、実際よりも小さく見える収縮色がおすすめです。ただし、全身収縮色ばかりではファッションが限られてしまいます。最も太さが気になるところに絞って使うことも考えましょう。

また、自信のない部分はどうしても隠してしまいがちです。が、それでは全身が太いような印象を与えてしまいます。

この典型はウエストの太さを気にしている人が選んでしまいがちな、チュニックが典型でしょう。逆にウエストを絞ったり、ベルトでウエストが目立つようにしたほうが、細いような印象を与えることができます。

また、「肌の一部を見せて、細く見えるように目の錯覚を誘う」というのが、着やせの大原則です。

ジーンズなどでも、すそを少し折って、足首を出すだけでも随分細く見えるものです。

このジーンズはとても身近なファッションでしょう。が、履きこなしが難しいのは覚えておきましょう。O脚やX客の人にはおすすめできません。

着やせテクニック【隠しすぎないこと】着やせテクニック【隠しすぎないこと】

多くの人は一つや二つ、自分の体の中で、自信のない部位があるものです。

「二の腕がたるんでいる」「太ももが太い」「おなかが出ている」「足首が太い」といったのがよくあるパターンでしょうか。

どうしても隠したくなるのは当然のことでしょう。すっぽり隠れるような大きめのコートを着てみたり、パンツも必ず足首まで隠れるようなものにしてみたり。

また、どうしても「窮屈だから」とサイズも大きめのものにしてしまいがちです。

が、衣服のこういった選択が、一層太って見せてしまいます。

まずは、ご自身の体格に合ったサイズのものを選ぶようにしましょう。とりあえずはそれがベストなのです。

また、デザイン的には、「見せていいところは見せる」ということを心がけましょう。たとえば、手足が太くても、「全部が太い」といった人はまれです。ヒジやスネから先が細いようならば、その部分は露出することで、全体的にも細いように見せることができます。

見る人の目の錯覚を誘うことこそが、着やせの極意です。

たとえば、女性にありがちな下半身が太っている場合。

すそが広がったスカートを履いてみましょう。こうすることで、そのすその広がりと、その下から伸びている脚の太さが比較されることになり、脚の太さのほうが目立たなくなります。

これにベルトでも使って、腰のくびれを強調すると、さらに、細く、またメリハリのあるボディーに見えるでしょう。

これをロングのスカートなどで完全に覆ってしまっては、必ず裏目に出ます。

話題の注目サイト話題の注目サイト

女性誌や美容本には、小顔になって肌がきれいになり、痩身効果があるし、デトックス効果、免疫力アップなどなど、リンパを流しさえすればみんな思い通りになる!という明るいフレーズが踊っている。

札幌のフェイシャルエステならここがオススメ!@格安の人気サロン

太めの体型を低く引き締めるためには、人目をひく見た目や健康体をキープすること、知らないうちの生活習慣病などの効率のよい予防にも関係しますから、ダイエットは元来誤った考えとは決して言えません。

妊娠中のダイエットならこれがいいですよ!

乾燥による痒みの要因の大半は、年齢を重ねることによる角質の細胞間脂質と皮脂の低減や、石けんなどの頻繁な使用による皮膚のブロック機能の劣化によって出てきます。毛穴の開きも乾燥肌では改善はしにくくなります。

http://xn--q9js1nqc3c1451comva.com/

Copyright (c) 2014 痩身できる服 All rights reserved.